トラベルインフォメーション
Custom Made South African Tour Packages for Tour Groups from Japan

 

通貨

南アフリカランド(ZAR,R)

飲水

南アフリカの水道水はお飲み頂けますが、体調に不安のある方はミネラルウォーターをご購入下さい

チップ

レストラン約10%、ポーター・メイド約10ランド

電話

電話事情はきわめて良好。日本への電話の掛け方=00(国際識別番号)+81

タクシー

流しのタクシーは利用しないで下さい。必ずホテルスタッフに手配を依頼してください。

ショップ

WEEKDAY 08H30-17H00/18H00 : SATURDAY 08H30-15H00/17H00 : SUNDAY  08H30-13H00/15H00

電圧

220/240 VOLTS

ソケット

丸型三つ穴方式、2本の丸ピン型のプラグアダプターを持参すると便利

天候

1年を通じて温暖で、年間平均降水量は502mmほどの乾燥した気候。南半球にあたるため、日本とは季節が逆転して、夏季は10月~3月となる。

冬季には山の山頂に積雪が見られることもある。旅行シーズンは、西ケープ州、東ケープ州の海沿いのリゾートは12月~1月が避寒客でにぎわい、

クルーガー国立公園のあるリンポポ州、ムプマランガ州などは、乾季の5月~9月が観光シーズンとなる。

サービス面

南アフリカは先進国ですが、サービス面では他先進国と比べかなり遅れています。計算も苦手な人が多いので、かなりの確率で間違えが発生します。

空港

ポーター等に話しかけられても宿泊場所等は絶対に口外しないで下さい。

ホテルのシャトルバスか、出迎えの車以外の交通手段は使わないで下さい。

ホテル

ホテルのロビーは出入り自由です。警戒を怠らないで下さい。

貴重品は室内の金庫に保管するか,フロントの金庫に預けて下さい。

交通機関

電車、バスなどの公共交通機関は一部ブルートレインや豪華長距離バスなどを除き、大変危険ですから利用しないで下さい。

タクシーなどは信頼のおけるホテルら呼んでもらうようにして下さい。

レンタカーを利用する際は、走行中も窓を閉め、ドアをロックし、信号停車中も前車と距離をおいて停車し、いつでも左右へ逃げられるようにして下さい。

交差点での物売り等に窓を開けることはないようにして下さい。

検問等で免許証等の提示を求められても、窓ガラスは上部の少しだけ開くようにして、検問の目的や相手の所属、氏名等を問いかけるようにして下さい。

街の中

危険と言われる地域にはやむを得ない事情がない限り立ち入らないで下さい。(徒歩はもちろんのこと、車であっても危険です)

昼間であっても移動には必ず車を利用して下さい。

大規模ショッピングセンター内は一応安全ですが、銃声らしき破裂音が聞こえた際は、すぐさま姿勢を低くして避難の姿勢をとって下さい。

 

住所:

2nd Floor Travel House
6 Hood Ave, Rosebank,
Johannesburg, South Africa

営業時間:

月~金  09H00 - 17H00
定休日 土日・祝日
営業時間は南アフリカの現地時間(日本より7時間遅れ)
です。祝日は南アフリカの祝日です。
※時差(日本より7時間遅れ)
により、お返事が遅れる場合がありますが迅速なご返信を心がけておりますので、予めご了承下さい。

連絡先の詳細

電話: +27 (0)11 770 7515
ファックス: +27 (0)11 770 7519
電子メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

ソーシャルメディア